まさかの日記 家と猫と仕事と

外出制限、リモートワーク、狭い家の中だからこそ、新鮮な感覚を

師走最後に意識した「レジリエンス」実感した「幸せ」

今年最後 今年もあと数時間となりました。

私の勤めている会社は 12月29日から1月3日が休暇です。

2020年は1月お休み、2月半ばから今の職場に入社、問題なくできる仕事から、経験のない初めてやる仕事まで、色々やらせていただきました。「やらせてもらえた」とはっきり言えるようになったのは最近。

夏から秋頃は、本当に慣れないことばかりで、物事が1回でうまくいくことはなく、その度にうなだれてクライアントからもパートナー企業からも馬鹿にされてるような、イライラされているような、そんなふうに感じる非常に辛い毎日でした。

「チャレンジさせてもらいたい」ということで入社したのですが、実際やらせてもらって辛くなってくると出てくる不満と、自分の撒いた種という自己嫌悪でぐるぐるしていたのですが、それが10月から12月にかけて一つ一つ解決し、どうにか心に余裕が生まれてきました。

今は仕事に対してずいぶんと前向きな気持ちで過ごしています。

辛かったのはなぜ

今半年前を振り返ってみると、あの辛さはなんだったのか。仕事が上手くいかないかったのは大きな原因ですが、なぜにもあんなに辛かったのか。 振り返る余裕が出てきた今、振り返ってみると、冷静に色々出てきます。

  • コミュニケーション不足

リモートワーク下にあり、会社で簡単に話を相談したり愚痴をいったりする環境にないので疑問や怒り、不安や不満がいったん自分の内側に溜まっていきます。感情のアウトプットがなかったことは、自分の中でストレスが倍増した原因の一つだと思っています。 安易に「コロナのせい」と思っていましたが、厳密に言うと「コロナ禍によるコミュニケーション不足のせい」です。

直接的コミュニケーションでアウトプット出来なくても今後は「書く」ことで感情のアウトプットするのも重要なセルフマネジメントの一つだなと置いましました。

  • 年齢のせい

40代はじめ、年齢による衰えを実感することの増えてきたお年頃です。 ちょっとしたことを忘れてしまったり、集中力が続かなかったり。。。 転職などで新しいことに取り掛かる時、経験値が増え、より進化していく実感はあったのですが、退化を実感してこなかったわけです。 ここにきて少しづつそれを体感してきています。つ、辛い。

しかもそれが老化のせいとは言い切れず、「ストレスのせいで頭が働かないのかも?」「自分の根性的な問題?」なんて考えて自己嫌悪に繋がっていたのですが、ラジオなどのメディアから同世代女性の声を聞き、「これは老化のせいである」と自覚できるようになってきました。 同世代、自分よりバリバリ働いてなんでも出来ちゃいそうなビジネスウーマンが自分と同様の衰えを感じている、というのは、だいぶありがたい共感体験でした。

  • 血流のせい

結局身体の不調は精神的不調を招き、身体の好調は精神の好調を招くということを実感した期間でした。

家から出ず、気が滅入ってくると体を動かすことが減ってきます。面倒で運動をしたくなくなります。でも結局運動不足は肩こりや頭痛などの不調を招き、どんどんと負のスパラルに。

ストレスがマックス溜まったときに、リンパマッサージに行って猫背が少し治り、息が十分吸い込めるようになるという劇的な変化を経験。 その後結慢性的な頭痛に見舞われたときに、針治療と耳鼻科(副鼻腔炎の兆候)で治療をし、気持ちの回復を並行して体の不調が良くなっていったような気がします。

レジリエンスを向上したい

レジリエンス)のワークショップに参加したとき、ストレスを排除し避け続ける人は、バーンアウトしやすいと聞きました。 「ストレス」は、生きていく上で必ず発生するものであり、避けられないものなので、それとどう付き合っていくのかが大事。適度に感じ、対応していくことで、自分を成長させてくれるよきライバルと認識し、付き合っていくことでレジリエンスを向上させることができるということでした。

年末年始の休暇に入り、少し仕事から離れた今、ストレスの原因を探り「レジリエンス」をかんがえてみました。

とりあえず2021年は、他者に感謝し、自己否定しないように、そして感情のアウトプットをできるだけし、運動もできるだけし、レジリエンスの向上 を目標の一つに掲げたいと思います。

ではでは。

リモート勤務とオフィスへ勤務、どちらが誰にとって何が良いのだろうか

秋の夕暮れ

リモート勤務を続けています。 と言っても梅雨くらいから週1から3回は会社に出勤していました。

会社に出勤するとはいえ、個人的な事情から出勤していたので、 同僚に会えるわけではなく、会社には社長がいるかいないかという環境でとても静かです。

それが今度は会社の事情でリモート解除される従業員が私を含めチラホラで始めたので、 これから会社が少し賑やかになります。タイミングは最悪ですが、、、。

リモート勤務の良かったところを手放すのは本当に惜しいのですが、オフィスへ勤務することのメリットを並べてみたいと思います。 並べてモチベーションをあげたい!と思っています。

知らないうちにコミュニケーションを欲している。それも自然な形で。

猫の好奇心 リモート勤務でかつてないほどに一人でいる時間が増えた上に、慣れない仕事に取り組み、うまく回らなかったりしたので、メンタルが不健康へまっしぐらでした。

小さなことに大きく落ち込み、忘れているくらい昔の自己嫌悪がふと蘇り、内省する時間は、驚くほどマイナスへと向かっていきました。

最近、少しづつですが、仕事がうまく廻り、マッサージや鍼治療などで自分の体をメンテナンスしたらこれまた驚くほどプラスに向い、自分の振り幅の大きさに気持ち悪くなっていたところです。

この異常な振り幅も異常な自己嫌悪も周りに人がいないのが一つの原因なのではないかと思っています。

自分は割と相対的な人間なので、周りの人との関係性やバランスを重視し楽しんでいるところがあります。周りに人がいないということが何かとてもバランスが悪いんだと思います。

会話をするしないとか、スキンシップをとるとらないとかだけではなく、存在としての「人」が、自分自身のバランスを整えてくれているのではないかと思います。

出勤は運動と思おう

1日1回も外に出ない日もあります。このブログに昔書きましたがラジオ体操やyoutubeヨガも、もうほとんどしていません。 体に良いとはわかっています。すっきりするって知ってます。

でもやる気にならない、、、。リモート期間、運動するのは自分の意思です。セルフマネージメントです!弱っている時ってセルフマネジメントって難しくないですか。

そんな私には出退勤という強制労働は運動のチャンスです。 会社行くついでに運動ができると思って毎日スニーカーで出勤する予定です。そしたら帰りは一駅歩いて帰る!なんてこともしたくなるかもしれません。

仕事効率は会社にいた方が良い気がします。

「家」という環境は楽です。

楽ゆえに誘惑もたくさん。疲れたら寝転がることができるし、気になるドラマを一気見だってできてしまいます。 もふもふ

猫のお腹に顔を埋めることだってできます。

とにかく集中力が続かず、座っているのが苦痛でならないんです。

ひとたび会社につけば、寝転がることはできませんし、会社のPCでドラマなんて見れません。猫だっていません。。。。

集中力の無さは加齢によるものなのか、ストレスによるものなのか、家のせいなのかはわかりませんが、少なくとも私の脳には少しの緊張感として適度なストレスを与えてくれるので、仕事効率が良いです。

私にとって仕事のミスや能力不足は自己嫌悪という結構なストレスに結びつくので、仕事の効率が上がるのは、大変素晴らしいことです。

会社に毎日行くことになるのが、少し、、、ほんの少し楽しみになってきました。

ではでは、

出勤日に雨

f:id:manekosa034:20200619212326j:plain

本日は出勤日でした。 雨の中の出勤は気が滅入りますね。

今日はあまり良い日ではなかったけれど

良い日にしたいので、良かったことと良くなかったことをリスト化して振り返ってみたいと思います。

失敗もしくは良くなかったこと

  • 雨で滑って転んだ。膝が痛い。
  • 外注スタッフの金額交渉がうまくいかなかった。
  • 眠だるかった。

何より、朝すっ転んだのが、辛かったし、衝撃でした。 f:id:manekosa034:20200619212418j:plain

雨の日は長靴で外に出ます。それがツルツルした床では滑るんですよね。雨の日。まさに今日はそんな日でした。 雪の日なんかも要注意なんですが、滑って膝をつき、膝のお皿が割れたかと思いましたよ。。。(大丈夫でしたけど)

転んだ事実と膝の痛みは少しおを引きそうです。

スタッフの金額交渉については、自分の経験不足と、弱腰によって起きたことなんで、、、反省ですね。やっぱり自分のお金に関する感覚の鈍さは経験を積むことかなと、すこぶる反省しています。マイナスにはならないので。頑張ります。

良かったこと

  • やよい軒のお弁当が優秀だった
  • オンラインmtg仕切れた。緊張した。
  • 同じく出勤している同僚に美味しいケーキをいただいた。

f:id:manekosa034:20200619212546j:plain

やよい軒、今テイクアウトをしているんですね。何かお弁当を買いにノープランで外に出たのが正解でした。 なんかお弁当、美しかったです。 黄金比ではないんですが、横に長めのお弁当の佇まいがお洒落でした。きっとまた買います。

はじめましての方々との顔合わせ兼打ち合わせということで、緊張したのですが、 まずは滞りなく仕切れましたので、良しとしたいです。

やなことも良いことも含めて今日ができています

このように挙げてみると良いことも悪いことも同数あった。ということで、無理やりにでも「今日は悪い日ではなかった。」ということでにしておきたいと思います。

猫は今日も可愛いし食欲もあるし、今日も私をいたしてくれています。 そう、駄目な日なんてないんだな。。。。

ではでは、また明日。

忙しいな。ということで「仕事と私」をテーマに書いてみました。

未来をみる猫
未来をみる猫
最後にブログアップしてから、、、20日近くたってしまいました。

忙しくなってきました!

先輩の退職に伴う引き継ぎ、新規業務の開始、そして使用しているシステムの改修が重なり、しかも引き継ぎした業務内容は私の未経験のお仕事だったりするので、社長にご意見ききながら進行したりで、、、、忙しいんです。

それでも、やっぱりアウトプットの重要性を改めて意識、時間をみてブログをあげていきたいなと思っています。

tver.jp

↑上記番組で、ビジネスに置いてのアウトプットの重要性をやっていたので、すぐに影響を受けました笑

仕事の適性をふりかえりました

  どんな仕事が合うのか、向いているのかっていうのは、人それぞれだと思います。

・事務仕事などをコツコツミスなく迅速に処理できる人 ・営業など、ダイレクトに数字で評価されることにやりがいを見出す人 ・常に新しいことを探して未開拓なところに挑戦し続ける人 ・チームで働くのが好きな人 ・一人でコツコツ集中して仕事するのが好きな人

私は転職が多いので、自分の適性について本当によく考えます。 なりたい自分と、向いてる自分と、何ができて、何が出来なくて、そして何に興味を持ってるか。色々考えるとよくわからないですよね。

自分の仕事遍歴とともに自分の思考について考えてみようと思います。

第一期 20代の自分

まず大学を卒業し、TV関係の技術を担当している会社に入社。その後、DVDの映像変換の仕事につき、その後小さな広告屋さんで事務兼制作アシスタントの仕事につきます。

この頃の自分を思い返してみると、やっぱり技術職、手に職、職人 というキーワードが見えてきます。憧れてるんですね。私。職人に。

途中の就職活動でも映画館の映写技師なんかも受験してたので。

でもこういった職業のしかも下っ端では対人能力を鍛えることがなかなかできません。 自分がまともに大人な電話対応すらできないことに焦りを感じていて、電話対応や受け付け業務、で対外的な対応ができる事務職に転職したのをよく覚えています。なんとなく自分への裏切りな気がしてまさに「ふんぎり」つけて転職したので。

第二期 30代前半の自分

小さいスクールのスタッフに転職しました。ここでは、本当に自分で何が足りないか何が必要かを考えて行動しなくてはならなかったので、仕事の筋肉を鍛えるにはとても良い環境でした。

そして今思うと事務職がすこぶる向いてなかったんですね。気分によって仕事の精度がまちまちでしたし。

スクールの運営スタッフは、学生と企業とのマッチングや、就職相談、先生と一緒にカリキュラムの構築など、やることが多岐に渡っていたので、一つ一つの精度というより、全体を見渡し方向性と考えたりしながら細かい作業もやっていたので、忙しくて貧乏でしたが、仕事のやりがいと達成感(挫折感も)多く味わいました。

この仕事に達成感を味わうってことは、憧れのま「職人」にも、まったくもって向いてなかったんでしょうね。

今まで「無理、自分にはできない」と決め付けていた「お付き合いでお食事会」とか「営業電話」とか、「大勢の前で話す」という仕事もここでは経験しました。そして、それが結構楽しかったんです。

自分にはできないと思っていたことが、勇気をだしてチャレンジしたら楽しかった

本当は、臆病で消極的な自分ですが、これを感じたくて仕事をしているように感じます。

第三期 結婚後の自分

ここで生活に目を向けたくなります。 「仕事ばかりしている」から「生活の一部に仕事がある」という状態に持っていきたくて今に至ります。

最初に家事を中心にしようと思い、負荷の少ない事務職に着きますが、正社員のアシスタント役としての事務職はとにかく忙しくてしかも地位が低いのでめちゃくちゃに屈辱的です。この「屈辱的」な思いに私は割と弱いです。根が冷静なので、組織の構造としても考え方としてもいかに価値を低く見積もられているかがよくわかりました。

自分の仕事お精度も考え、やはり事務職は向いていないと再確認し、改めてスキルを身につけよう。ということで、これからはWEB関連の知識は必須かなと思い、勉強し、WEB関連の転職を繰り返し、今の会社で3社目です。

分からないながらも調べながら牛歩で進んで、WEBディレクターといえど、色々回り道して今、「やっとこういうのは向いてるし面白いな」と思えることをやり始めています。

そこそこの緊張感とそこそこの安定感

自分にとっては知らないこと、と知っていること、できることとできないこと、チームでやることと、一人でやること、この相反することが半分づつくらいにバランスよくできると自分にとってはちょうど良いんです。

これは転職重ねなかったら自覚できなかったことだし、転職重ねたからこそ客観的に自分を分析できるんだと思っています。

人から見たら何も突き詰められない、計画性のない愚かな人間に映ってると思います。

でも不器用なりに人生歩んで、今は、私にとっては最善だったに違いないと思っています。(思いたいのです!) 転職の度にきちんと真面目に仕事には取り組んできましたし。

チャレンジする緊張感は好きだけど、お金いただく分、ちゃんとスキルも提供していかないと落ち着きません。

今はチャレンジすることが多いので、時間がかかってしまって忙しいのですが、これは絶対今後の糧になるので今頑張っております。

不定期で更新する形になりそうだけど、とにかくアウトプットとして共有していきたいと思っています。

ではでは。

リモートワーク中、今のところ猫の邪魔は歓迎です

リモートワークを開始してもうすぐ2ヶ月が経とうとしています。ゴールデンウィークもあったので本当にあっという間でした。

土日以外で1日中家にいることがないので、昼間一体猫たちは何をしているんだろう。と覆っていましたが、ただ寝ている時間が圧倒的に多いです。

ゴエモンは大体誰もいない寝室の猫用布団の上で寝ています。たまに私のいる部屋に戻ってきて撫でを要求したりトイレに入ったりしています。

大体ちゃーこは同じ部屋で私の机の横にある収納ボックスの上か、私の後ろにある、大きな段ボールの上で寝ています。 この2箇所は、ハンモックのように真ん中が凹んでいてとても眠りやすいのだろうと思います。

椅子取りゲームの後は

今日もチャーコは、昼闇に私の立ち上がった隙を見て、椅子を横取りにきました。場所を譲ろうとはしませんでしたが、ソファーに移動してもらいました。 そしたら私のサブのMAC(ビデオ会議などの通信をする時に使っているもの)の上にどっしり座ました。ログオフして同僚に怪文を送らないように対処し、しばらく座らせておいてあげました。窓の外が見たかったようです。

チャーコ

チャーコ

チャーコ

猫はこういう時、真顔だし、こちらを見ません。話しかけても無視をされるだけです。猫とのコミュニケーションの、こういうシュールな感じが好きです。

私を忘れないで

仕事が終わることになるとごえもんもまた撫での要求に現れましたが、一通りブラッシングを済ませたらまた人のいない寝室に戻っていきました。

そういえば先日、丸一日会社で仕事をした日がありました。その日は、なかなか用事が終わらず残業してしまったこともあり、家に着いたのが21時近くになりました。朝の8時半頃からずっといなかったせいか、ゴエモンは帰ってきた私を見てソファーの下に隠れたのです。

ごえもんは元々こういうタイプだったを思い出しましたし、驚きはしませんが、1日中家にいるようになって、「だいぶ人間に慣れたな」と、改めて思い、成長を感じました。 ソファーの下に隠れるごえもん

(すぐに出てきてくれました。)

出産の季節

猫は春から夏にかけてが出産のシーズンといいます。 保護猫の活動をされているかたや預かりさん(保護猫の一時預かりのボランティア)のSNSを見ていると可愛い子猫の姿がたくさんです。🐱

でも、その分野良猫ちゃんの出産が多いということ。 外の猫は生きれて3〜4年と聞いたことがあります。保護されすくすく巣立っている子猫ちゃんたちをSNSで見ながら癒されつつも、その裏にボランティアさんたちのご尽力があったり、死んでいく猫たちも多くいただろうことに複雑な気持ちになったりします。

我が家の猫たちも保護猫です。(母親のお腹にいるときに保護されてるそうです。)

我が家の猫たちは、席を奪ったり私を見て逃げたりする元気があるので、私も猫も幸福です!

ではでは またあした

ペスカタリアンという言葉を最近しりました

私の先輩に当たる人がもうすぐ会社を退社されます。 その関係でもろもろ引継ぎにてたくさんの情報を受け取っていてなかなか処理できずにいます。 外をみる猫

これ処理しきれたら仕事のやりがいと楽しさが倍増するはず。ということで頑張っています。

久々に会社に出勤したり、ちょっと自習したりする時間が欲しいけど、こなす仕事も色々あるのでなかなか時間がなくて悩ましい。そして仕事が終わった後は、動画コンテンツや音声コンテンツを視聴したいからなお悩ましい。。。と、いうことで家事が疎かになっています。

家事が疎かになるとともに食事を作ることが減ってきました。。。。。。

今日は食事についての話をしたいと思います。

私はいわゆる「胃弱」体質で、そのせいか食べ物に対する好き嫌いも多いし、アレルギー気味で受け付けない食材も結構あります。 不意に食中毒のような症状に見舞われ、会社を早退したり、全身蕁麻疹に見舞われたりすること何度かありました。

今は、受け付けない食材も自分で認め食べないように気をつけ、歳とともに胃に優しい食材を好むようになり、だいぶ調子は良いのですが、食事のことをよく考えるせいか、ヴィーガンに興味を持ち始めました!(興味の段階)

ヴィーガンって何?

人間が動物を搾取することなく生きるべきであるという主義(Wikipedia「ヴィーガニズム」より

ベジタリアンとの違いは何?というのがよくある疑問(私も)だと思うのですが、どうやら健康のため野菜のみを食べる主義の人をベジタリアンと言い、道徳的観点からから動物意外を食べる主義の人ヴィーガンと言うようですね。

だからべジタリアンは考え方によって、卵を食べる人や乳製品を食べる人がいるのに対して、ヴィーガンは、乳製品や卵を食べることはなく、動物を殺生して製品化される毛皮なども身に付けることはないようです。

ヴィーガンに興味

  • 焼肉とか好きなんですけど、スーパーで買う牛肉の匂いとか食べた後の胃もたれとかがいや! 元々は焼肉とかすごい好きなんですが、焼肉とかに行く機会がぐんと減りましたね。

  • 畜産業が地球温暖化に影響という記事に衝撃を受けました。全然無知だったので、「へー!そうなんだ。。。」という感じ。。。 www.afpbb.com

  • 基本動物が好き。猫と暮らし、動物らしい彼らを見て色々と思うところがあり、人間 と 動物 で分類して考えると、悲しい出来事があまりに多い。

なるほど。私は猫が好きなので、保護活動をしている方々のSNSを追っていたりするから、ヴィーガンの方の主張を聞く機会が多いのですね。SNSとかばかり見ていると、自分にカスタマイズされ同じような主張ばかりが目に入ってきて若干洗脳されているような。。。。そんな気もします。。。

そしてペスカタリアンという言葉を耳にする。

今の自分にヴィーガンは難しそう。

今すぐには無理だけど、いつか肉食だけでも卒業できたらいいなと思っているときに、Vogueの記事で、ペスカタリアンという言葉を目にしました。

超肉食のイケメントレーナーが、なぜペスカタリアンになろうと思ったのか?【実録!私のカラダ改革〜Mさん編 Vol.1】 | Vogue Japan

菜食主義より優しく、肉は食べないけど魚介類は食べる。という主義のことだそうです。この記事、実体験を取材されてて面白かったです。 中でも「花粉・甲殻類アレルギー」「寝起き」「集中力」に良い影響がでたと書いてあったのが、同じ悩みを抱えるものとしては、一気にペスカタリアンに興味を持ちました。

そして、記事vol.5まであるのですが、全体読んで改めて思いました。

私には難しい(笑)😅

自分の健康に常に目を向けポジティブにストイックに取り組んでいるパーソナルトレーナーさんはさすがです。 一方私は「主義」を多く持つことを嫌い、流動的に生きていきたいと思っているので、ヴィーガンやペスカタリアンの生き方は多分私のないものねだりであり憧れです。新しい言葉が好きなのです。わたし。

ペスカタリアンという言葉に出会った意味

お魚加えたねこ 結局このペスカタリアンという言葉を知り、調べ、憧れ、まずは今の食生活を考え見直す機会になったのだと思います。 なぜなら私は魚の名前をよく知らないくらい魚料理を作らない。食べないのです。

お魚料理、がんばってみようと思います。 猫も応援してくれてます。きっと。たぶん。

ではでは。

 

マスクは好きですか。

外に出る時はマスクをします。

なぜならコロナウィルスに感染しないようにその予防を兼ねてしています。

外出マスクをしていない人はあまり見かけませんよね。最近。

マスクをした人のイラスト

本当はマスクが苦手

私は幸い会社がリモートワークに乗り出し、家で仕事を進めているので、毎日外へ出かけることはありません。仕事で毎日外へでかける人に比べたらマスクをしてる時間は少ないです。

でも本当はマスクが苦手です。

顔が乾燥するし、メガネが曇るし、耳の後ろが痛くなるし、鼻の周りがムズムズかゆくなるんです。そして息苦しいんです。今鼻の周りを手で触るのはマナー違反だったりしますよね。。。でも痒いんです。すみません。

コロナで自粛生活を続けていますが、自粛はきっといつか徐々に解禁になる日がくるだろうけど、各々が自衛の意識を解除する日は、それよりずーっと先だろうと思っています。

そうなると、夏もマスクでしょうか。。。そうなるんだろうな。

「マスク」が与える印象

化粧品の売り上げが大幅に減少しているそうですよ。(参考:東京経済オンライン

これは自粛生活のせいもあるけどマスク生活のせいもあるでしょうね。「寝坊して化粧してないからマスクしてる」というのは忙しい女子の時短テクニックだったりしますもんね。

マスクをしていると顔の半分は見えません。美人なのかどうなのかよくわからないし、マスクをしている時点でその辺の興味が湧いてこないのですが、どうなんでしょうね。

「美人」「ブス」で堂々と判断されること、最近減ってきましたが、多くの女性はこの価値基準に大きく影響されてきたことと思います。縛られてきたと思います。この価値観がコロナ後、随分変わってくるかもしれませんよね。

「美人」「ブス」という価値基準だけでなく、人は第一印象を「顔」から受け取る情報で判断したりされたりしてきました。

その「顔」が半分隠された状態での生活はどんなふうに人の心理状態を変えていくのでしょうか。第一印象を決定する情報が半分足らない状態で人と出会い、知り合っていくのを人は無意識に、不安としてとらえるか、スリルとして楽しむのか、そして何を学習していくのだろうか。

「マスク」とコロナ後

先日、初めて取引先の方とお会いしご挨拶した時に、お互いマスクで、なんかとても煩わしかったんです。初めてお会いする人と良い印象でお付き合いしたいなと思っている時に、無性にマスクを外したくなったことを思い出し、こんなことを考えました。

何しろこの異常事態です。事態が収束するのかしないのかわかりませんが、コロナ後は目に見えない何かがガラリと変わる世の中になるんでしょうね。

それを気付ける人でありたいな。

そんな感じでまた明日。

ではでは。